『フリーで永く生き抜く方法論』 + 現状のソーシャルメディアを語りあう懇親会

『フリーで永く生き抜く方法論』と題したセミナーを開催致します。講師は、昨年末12月21日(火)に開催致しました『Facebook勉強会』でご登壇いただいた塩見 政春氏。前回セミナーでの大好評に応えて、再び登壇いただきます。

いわゆる「フリーランス」の方に限らず、経営者、フリーランス予備軍の方々などにもご参加いただければと思います。

【タイトル】
『フリーで永く生き抜く方法論』 + 現状のソーシャルメディアを語りあう懇親会
【内容】

32歳で独立して、今年で16年目に突入します。この間、ネットバブルの大波小波やリーマンショックを乗り越えて、日刊メルマガの発行は4誌を数え(1誌は今でも継続中)、設立した法人は6つ。立ち上げたウェブサイトは100ヶ以上。年収も高い時は1,500万円から、低い時は140万円まで経験し、その中で得たフリーで生き抜く鉄壁なノウハウを、そっとお知らせします。

  • 仕事がなければ、話にならない。仕事を増やすにはコツがある。
  • 人脈の作り方の5ヶ条。
  • フリーで動く良い点、悪い点。
  • 借金できた時の返し方は、ひとつじゃない。
  • もうダメだと思った3つの経験談。
  • 今直ぐ、あなたにもできること…など。

セミナー終了後の懇親会は、『現状のソーシャルメディアを語りあう懇親会』と題して開催致します。前回の『Facebook勉強会』でも大変興味深いお話を数多くお聴きすることができました。それから2ヶ月余り。その短期間においても激変するソーシャルメディア界の最新動向をチェックされるためにも、是非ご参加ください。

【参加対象者】
  • 今フリーの人
  • 今からフリーで働きたい人
  • いずれはフリーで働こうと考えている人
  • 小規模事業の経営者
  • 営業をもっとうまくやりたい人
【講師】

サイト制作プロデューサー/デジタルハリウッド大学院 客員教授 インターネットマーケティング研究室室長 塩見 政春(しおみ まさはる)氏

塩見 政春(しおみ まさはる)氏
サイト制作プロデューサー/デジタルハリウッド大学院 客員教授 インターネットマーケティング研究室室長

1988年関西大学卒業。89年(株)エス・シー・シー入社。学生マーケットを中心とした大手企業の販売促進業務を実施。その後96年に独立。早期段階のIT起業家と接触。ネットベンチャーの新規事業立ち上げ及び営業指導などを実施。一方、デジタルディバイスを活用した小規模事業主(SOHO)の事業協同組合「関西デジタルコンテンツ事業協同組合」を設立。代表理事に就任(現在、顧問)。当時よりインターネットマーケティング及び小規模事業主の営業及びWEB展開などをテーマにした講演多数。2007年デジタルハリウッド大学院客員教授に就任。専攻はインターネットマーケティング。

url. http://prounit.jp/
twitter. http://twitter.com/mark4033
facebook. http://www.facebook.com/mark.shiomi

【開催日時】
2011年2月25日(金)19:00~21:00(開場. 18:30)
【会場】
岡山国際交流センター 3F 研修室
(岡山市北区奉還町2-2-1)
http://www.opief.or.jp/oicenter/
【定員】
30名
【参加費用】
3,000円
【参加申込】

当イベントへの参加申込みは、ATND(http://atnd.org/events/12434)から。

OpenIDをお持ちでない方は、会社名・お名前・参加人数・ご連絡先を明記の上、ニイハチヨンサン イベント担当(event@2843.jp)宛てにご連絡ください。

【主催】
ニイハチヨンサン

懇親会の開催も予定しております。懇親会会場については、後日、詳細を当サイトにて掲載・ご連絡致します。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

Related posts.

  1. 『Facebook勉強会 ~Facebookは、日本で普及するか?そのポイントを考える~』

One thought on “『フリーで永く生き抜く方法論』 + 現状のソーシャルメディアを語りあう懇親会

  1. Pingback: Seminar #1 『ウェブ集客講座2011 – SEO+SMOの最新情報 Vol.1』 | apeweb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>